廃車の費用はかかる?

本当に廃車費用はかからない??

さて、買い取り相場は分かったとして、売却の際の費用や手続きについても解説します。

ディーラーに廃車をお願いしたり、スクラップ会社にお願いしたりすると処理費用もかかりますし、手続きなど意外と手間のかかる煩わしさがあります。

一般的な処理費用の相場はどれくらいかかるものなのでしょうか?

お車を処分する場合の方法としては2種類あるのをご存じでしょうか?

それは、永久抹消登録と一時抹消登録というものです。それぞれによって費用が変わってきます。

ざっと考えてみても相場的に2,3万円の出費を考慮しておいたほうがいいようです。

持込できれば良いですが、自走ができずに引き取りにきてもらう必要があるならば、レッカー代として距離に応じた金額も上乗せということにもなってしまいます。

このように、地元のお店や業者に依頼するとなると、おおよそそれくらいの金額がかかってしまうのが現状です。

ところが、廃車を専門に扱っている業者に依頼すると、これらレッカー代を含め

費用は一銭もかかりません!

自走できなくなった事故車でも水没車でもレッカー車で引き取りに来てくれるんです。

それって一体どんなカラクリがあるんでしょうか?

たとえば、あなたが地元のディーラーや中古車屋さんに依頼したとしましょう。

ディーラーや中古屋さんの本職は、新車や中古車を販売したり修理することです。

つまり、整備してまだ乗れる車、商品価値があり売れる車をメインに扱っています。

ですから……

・人気がない車種

・年式が古い車

・走行距離が多い車

・まだ走るけれど、修復歴の多いお車

などは基本中古車としては査定できないので、単なるスクラップ行きの車としてしか見てくれず、かかる処理費用はこちらに請求されてしまうという訳です。

一方、廃車を専門に扱う業者では……

ディーラーや地元の中古車屋さんでは引取りを拒否されるお車でも、まだ中古車として売れると判断したならば高値で買取ってくれる場合があります。

たとえば頑丈で長持ちの日本車なら車種にもよりますが、日本では価値がなくても海外ではまだ売れる場合があるからです。しかも相場もかなり良い価格で。

たとえばトヨタ車など一部の車種は海外では人気があり、20万キロや30万キロでも普通に走っているんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です